01/03/2021
Breaking News

子育てしながら介護職に就くには

子育てをしながら仕事をするということは、どの仕事に就いていたとしても体力的にも精神的にも疲れるものです。介護職の働き方は、パートやアルバイトも多く、ほかの職種に比べれば、比較的働き方が柔軟ではありますが、まったく問題なく子育てと両立しながら働けるわけではありません。そのため、子育ての両立を目指しながら介護職に就きたいのならば、いくつかの工夫が必要です。ひとつは、子育てに理解のある職場を探すということです。子育てと両立させるために、時短勤務や日勤だけでも問題のない職場、残業がほぼなく、保育園などへの迎えに支障をきたさない職場などをはじめとして、託児所が併設されているような職場が優良です。

産休や育休取得の制度がしっかりしている職場を探すと、負担も少なくなるでしょう。また、面接の際に子育てに対する周囲の協力体制があるということをしっかりとアピールできるということも重要です。いくら職場において子育てとの両立に理解があったとしても、常に甘えるわけにはいきません。あらかじめパートナーや親せき、近所の人々の協力をお願いしているということや民間の保育サービスを活用する準備があることなどを伝えると、介護施設側も安心することができて、就職率が上がるでしょう。緊急事態における準備や休日の仕事もなるべく出ようとする姿勢を見せることが信頼につながります。子育てと介護職を両立させたいのならば、事前の下準備をしっかりと行うことが重要です。子育てと介護職の両立については、介護士ママのお悩み解決!も併せてご一読ください。